子育てでブランクはあるだろうけど、ママ薬剤師って気が利くね

自宅の近くに内科と胃腸化を行っている病院が新しくでき家からかなり近い距離なので下の子も小学生になったのでこれからは予防接種や急な体調不良はすぐに診てもらえると家族でとても喜んでおり新しくできた病院なので外装はもちろん内装もかなり綺麗で今どきの病院は素敵なんだなとびっくりするほどでした。

子供たちが体調不良になってもすぐに診てもらえるのでとても助かっていましたが下の子が去年の秋に咳が止まらなくなってしまいいつも受診している小児科がお休みの日だったので気管支炎喘息が心配なこともあり近かったので近所にできた内科を受診しました。

胸の音も悪くはなく咳止めの薬を処方してもらい少し離れた場所にある調剤薬局に処方された薬を取りに行くと調剤薬局の方に言われたのがまだこの薬を患者さんに処方したことがないので在庫を取っていないからこの薬のストックがありません。と、びっくりすることを言われました。

決して嫌な感じで言われたわけではないのですが調剤薬局には必ず薬が置いてあると思っていたのでこの薬を取っていないからストックがないと言われるともじゃあどこでこの薬をもらえばいいだろうと考えていた時に私が書いたカルテを調剤薬局の方が見て自宅がお近くなので今日中にお届けします。と言われました。

確かにその調剤薬局から自宅はかなり近いので届けてもらうことは無理ではないですが外出していることも考えてできたらポストに投函しておいてくださいとお願いしました。
自宅まで薬を届けてもらったことなど今までなかったので大丈夫なのか心配になりましたが午前中に病院を受診し夕方にポストを見に行くとキチンと処方された薬が手紙と一緒に投函されていました。今は薬局に薬がないとこんなサービスもしてもらえるんだと感心しましたがたまたま私の家が近所だったこともありもし遠い場所に家がある人だったらどうするんだろうと考えてしまいできる事なら近くの病院でよく処方するような薬は調剤薬局にはストックしておいてほしいなと思いました。

でも、やっぱりブランクがあっても子育て経験のあるママ薬剤師は気が利くと思ったしだいです。※ブランクがあるママ薬剤師の復帰|求人の探し方コツ※私の体験談

Posted in blog by enen